低酸素トレーニングが貧血を治す!

低酸素トレーニング中は「ヘモグロビン酸素飽和度」が下がります。これはパルスオキシメーターで「経皮酸素飽和度=SpO2」として測ることができます。酸素濃度21%の低地(1気圧)では健康人だとSpO2は97%以上ですが、低酸素環境にいることによってSpO2は下がります。低酸素トレーニングでは、血中の酸素不足に対する体の反応(エリスロポエチン分泌による造血、ミトコンドリア機能・数など)を引き出し酸素運搬能を向上させエネルギー効率を上げると考えられています。

低酸素状態に置かれると、腎臓からエリスロポエチンという造血に働くホルモンの分泌が増え、エリスロポエチンが骨髄に作用して赤血球を作らせます。もちろん赤血球の材料となる「タンパク質」「鉄」「ビタミンB12」、鉄吸収を促進する「ビタミンC」を十分補うことが必要です。貧血を指摘されたことがある方、栄養補給と低酸素トレーニングで貧血改善を。

PAGE TOP