低酸素トレーニングと高強度インターバルトレーニング(タバタ)との関係

低酸素トレーニングが、多くのアスリートが行う『高強度インターバルトレーニング(HIIT、いわゆるタバタトレーニング)』と同じ作用機序で心肺機能を向上させているのかも知れません。つまり、強度の高い運動により一気に酸素消費し一時的に細胞内を低酸素状態にして、十分回復する前の低酸素状態でさらに負荷を加えることによりエネルギー産生効率アップ効果が得られると考えられます。ということは、きついHIITを行わなくても低酸素トレーニングで心肺機能を鍛えられる!?

そして、アスリートは「低酸素タバタ」で更に上のステージに!?

PAGE TOP