フォアフット走法とパワープレート

ドラマ「陸王」で広まった「フォアフット走法」「ミッドフット走法」。要するにかかと着地で走ってたら衝撃が直接膝に伝わりケガする可能性が高いので、足の前の方で着地しましょうという走り方なんですが、「日本人には合わない走り方」だと言う方もいらっしゃいます。もちろんその説には一理あり、「これまで着地衝撃吸収をシューズに頼りきっていた人がいきなりフォアフット走法にチャレンジするとそれまで使っていなかった部分を故障してしまう」ということになります。実際ドラマの影響でフォアフット走法を試してみた多くの人が整形外科を訪れたそうです。

フォアフット走法に必要な筋肉、腱がどこかを知り、そこをしっかり鍛えてから走り始める必要があります。実際私も何度かチャレンジしては弱い部分に負荷がかかり断念するということを繰り返し、地道に様々なトレーニングを行い、弱い部分を鍛えてようやくフォアフット着地できるようになりました。

ところが、三次元振動マシン、パワープレート を使うことによって、効率的にフォアフット走法に必要な部分を鍛えることが可能になります。

フォアフット走法に興味のある方、是非SAMで体験してみてください!

12月8日からパワープレート無料体験会始まります!

PAGE TOP