若者のダイエットに低酸素トレーニングが効果があったという報告

学校や仕事が終わったらまっすぐ家に帰りゲーム。そんな若者が増えているのでしょうか?高度肥満の若者、増えている気がします。

というわけで論文紹介です。

方法:24人の肥満の若者(17歳〜25歳、BMI=27.5kg/m2:例えば身長170cmなら体重84.2kg)を低酸素群と常酸素群に分け、一週間に22時間のトレーニングを4週間行なった。低酸素群では22時間のうち6時間のトレーニングを低酸素下で行なった。体組成、安静時血圧、上腕−足首間脈波伝播速度(動脈硬化の指標)を比較した。低酸素群の酸素濃度は16.4–14.5 %で、通常酸素濃度は21%である。

結果:体重減少は低酸素群-6.9kg、常酸素群-4.3kg。低酸素群で上腕−足首間脈波伝播速度は変わらないが血圧は改善した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24318688

この論文では食事制限も行なっています。研究のためでしょうが、一ヶ月で約7kgはちょっと急ぎすぎですね。
20代から肥満と高血圧では将来病院に収める医療費は莫大になることが予想されます。さらに今後の医療費増大が見込まれることから、自己負担はさらに厳しくなるでしょう。
ただでさえ人口は先細りなのに、健康な若者がドンドン少なくなってしまう。

(太った)若者よ!低酸素トレーニングでダイエットせよ!

PAGE TOP