高タンパク食でやせるのはなぜ?を追求した研究です。

https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/07315724.2002.10719194

高タンパク食で痩せるということはよく知られた事実ですが、この研究ではそのメカニズムの解明を目指しました。

対象は普通体重の健康若年女性。テスト当日、エネルギー支出、体温を測定し10時間の断食の後と朝食後2.5時間の時点で測定しました。

食後2.5時間の時点で、熱産生は高プロテイン食が高炭水化物食の2倍でした。高プロテイン食の場合、体温はわずかに高く、腎機能に変わりありませんでした。

高タンパク食はエネルギーコストを増やすことによって体重を減らすことが分かりました。

糖尿病などで腎機能が良くない方がいきなり高タンパク食にするのは危険ですので主治医にご相談ください。

PAGE TOP