痩せたい、疲れない体を手に入れたいなら…ミトコンドリアに愛のムチを!

最近「ミトコンドリア」という言葉をよく聞くようになりました。「ミトコンドリアダイエット」なんてのも出てきてます。かつてミトコンドリア研究に没頭していた私にとってはとても嬉しい状況です。

ミトコンドリアでは酸素を使ってエネルギーを作っています。人間の体重の10%くらいはミトコンドリアであると言われていて、生命の源でもあります。ミトコンドリアがしっかりエネルギーを作れることが、健康な日常生活を送る上での鍵となります。

しかし、このミトコンドリア、「それなりに」という性質があります。つまり、あまりエネルギーを使わない生活をしていれば数を減らし、どんどん脂肪を溜め込んで肥満になり、活動的になればミトコンドリアは活性化し無駄な脂肪は燃えていきます。

そして、ミトコンドリアの増やし方にもちょっとしたコツがあります。

時折「酸素が足りない」危機的状況を作ってあげると、焦ったミトコンドリアが、性能の悪い劣化ミトコンドリアを壊して、新しいミトコンドリアを作り、高機能ミトコンドリアの数を増やして危機を乗り越えようとします。方法としてはインターバルトレーニング。簡単な方法としては低酸素トレーニングになります。あるいはファスティングなんかもミトコンドリアに刺激を与えます。

「モルモットの心筋細胞に吸入麻酔薬をかけるとミトコンドリアが活性化する」というよううな研究を昔やってました。Isoが吸入麻酔薬で、赤から黄色に光っているがミトコンドリアの自己蛍光です。このあと、この細胞は「強い」細胞になります。一時的ですが。

ミトコンドリアが活性化すれば、エネルギーをバンバン作れる体になって、疲れ知らずで痩せていきますよ。

PAGE TOP