フルマラソン走ったら、足は意外なことに…

アーチが落ちて、足は浮腫む。常識だと思ってましたが、意外な結果が。

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/17461391.2018.1499134

芝浦工大の深野先生が発表されてます。大学の陸上サークルの選手11名について、フルマラソン前後で足の状態がどう変化するか、3D foot scanner(Dream GP)で計測しました。

1)足の体積
マラソン直後の足の体積は減少し、翌日からマラソン前より増え、その後8日かけて元に戻った。

2)アーチ高
予想通り直後よりアーチは落ちました。しかし、意外にも8日後でもアーチは回復しませんでした。

「フルマラソン後は足が浮腫むから余裕を持ったシューズのサイズを選択すべき」と思ってましたが、逆だったんですね。となると、浮腫むから圧迫されてマメができると思ってましたが、縮んでシューズの中で動きが出ることによってマメができる可能性もありますね。

アーチが8日間回復しないということは、毎週レースに出ると、アーチが回復しないまま次のレースを走ることになります。アーチが落ち込む原因を考え対策することが求められます。当然、アーチを形成する筋肉、腱の成分が鍛えられればアーチの落ち込みは防げるでしょう。

この研究ではおそらく若くてレベルの高いランナーが対象なので、市民ランナーではどうなるのか、また、給水所で靴が濡れた場合はどうか、フォアフットとヒールストライクなど走り方で違いはあるのかなど、まだまだ未解明な部分がたくさんありますね。

関連記事一覧

PAGE TOP