あまり知られていない新型コロナウイルス対策教えます。

昨日(2020年2月28日),北海道で緊急事態宣言が出され,この週末外出を控えるようにとのことです.

ウイルス感染症で緊急事態宣言を出すというのは初めての試みかと思われます.経済などに及ぼす影響などが大きいため,しびれる決断だったとは思います.初めてゆえ,その効果は未知数で,誰にもわかりません.思惑通り終息に向かうのか,もしかしたら逆効果で後の大流行の原因になる可能性だってあります.効果を見極めたいと思います.

以下コロナウイルスだけではなく,様々な感染症予防に関する個人的な考えです.

ウイルスとの接触を完全には防げないことは明らかです.一番大切なことは,ウイルスに接触しても感染しない,つまり自分の免疫力を高めることです.

では免疫力を高めるにはどうしたらいいか?

最優先は疲労回復.睡眠時間を確保して,疲れている人は休養しましょう.その意味では今回の緊急事態宣言で,週末外出を控えるというのは意義があると思います.ただ,それを数週間に渡って続けていけば,逆に免疫能は落ちる可能性があります.

次に大事なのは栄養の充足.タンパク質(肉,卵など)をしっかり摂りましょう.ビタミンCはウイルス感染に効果があると言われています.

ウイルスは粘膜から体内に侵入します.粘膜は最後の砦です.粘膜を強化しましょう.そのためにはビタミンDを摂りましょう.ビタミンDは日光を浴びることによっても作られますが,冬季間は日光を浴びる機会が減り,特に北に行けばいくほどその傾向があります.サケ,木耳などの食品を多く摂るようにするか,緊急の場合はサプリメントもいいでしょう.(アメリカの通販サイトでは品薄になってきてます)ただし,サプリメントで摂る場合は,相対的にビタミンKやビタミンA不足になる可能性があるので,納豆やレバーなどで補う必要があります.(最初からビタミンDとKがセットになった商品もあります.)粘膜を強化することによって,花粉症などアレルギーの原因物質の侵入も抑えられるので,アレルギーが治ってしまう場合もあります.

長期的な免疫能強化のためには,運動習慣が必須です.でも,疲労が残るほどの激しい運動を繰り返し続けるのは考えもの.適度,適切な運動を心がけましょう.

一つの方法に頼るのではなく,「合わせ技一本!」で予防しましょう.

関連記事一覧

PAGE TOP