コロナ禍でも安心して通えるサウナって?

新型コロナウイルス感染症予防のため、室内の換気が重要であることはよく知られるようになってきました。

コロナ禍のストレスをサウナで発散したい!でも、サウナでコロナに感染したらもとも子もないですね。万が一、コロナ感染者と同室ということになれば、かなりリスクは高まります。

サウナ室は換気状態が悪い

しかし、サウナで換気すると冷たい外気が入ってくるので温度が下がります。温度維持のためには換気を少なくしなければなりません。「ちゃんと換気口があります!」と謳っている施設もありますが、それでどの程度換気されるかは不明、というか、穴が空いているだけではほぼ換気はされないでしょう。もし、フィンランド式サウナで、サウナストーブに水をかけて水蒸気を発生させるならば、「液体→気体」となって増えた気体により室内の気圧が上がり排気がされるので、ある程度の換気にはなりますね。

もちろん、ちゃんと強制換気している施設もあります。強制換気しても温度を維持するには、換気で失われる熱を加えた熱を発生させなければならないので、コストがかかりますね。

しかし、コロナ禍で安全なサウナを作るためには仕方ないです。今後、こういう施設が選ばれていくのでしょう。

関連記事一覧

PAGE TOP