低酸素トレーニングは、古いミトコンドリアを壊して新しいミトコンドリアを作る?

オートファジー」ってご存知ですか?

2016年、東京工業大学の大隈先生はオートファジーの研究でノーベル医学生理学賞を受賞しました。オートファジーとは極めて簡単に言うと「自食」です。細胞内で不要になったタンパク質などをリサイクルする仕組みです。

そして、オートファジーの機能を利用し、古くなったミトコンドリアをリサイクルする機構を「マイトファジー」と言います。古いミトコンドリアはエネルギー産生能力が劣り、活性酸素を大量に作ると言われており、新しいミトコンドリアに作り変える必要があります。

ミトコンドリアのオートファジーは、HIF-1を介した、低酸素に対する適応的代謝反応である。(HIF-1:低酸素誘導因子−1)

マイトファジーは栄養不足や低酸素によって活性化します。となると、低酸素トレーニングがミトコンドリアの若返りを促進する可能性があります。元々低酸素トレーニングはミトコンドリアを増やすことは知られていましたが、今回その機序が裏付けされたということでしょう。

古いミトコンドリアはゴミ箱へ!

関連記事一覧

PAGE TOP