低酸素トレーニングって、オリンピック目指してる人とかがやるっていうアレじゃないの?

もちろん低酸素トレーニングはアスリートが心肺能力を高めるために行う場合が多かったです。しかし、最近、健康のために低酸素トレーニングが行われているようで、科学的研究報告も増えています。ではいつものように論文紹介しましょう。

低酸素トレーニングが健康にどのような影響を及ぼすか、優れた25の論文をまとめた報告です。

結論は

「低酸素トレーニングは生活習慣病の予防になる」

です。

まず、体重体脂肪に関して。週3回以上の低酸素トレーニングで改善しました。ダイエットなら低酸素トレーニングです。

血糖値に関して。21日以上低酸素トレーニングを続けると空腹時血糖値が下がるそうです。糖尿病の予防なら低酸素トレーニングです。糖尿病薬を服用中の方は、血糖値が下がりすぎてしまうかも知れないので、薬の調節が必要です。この論文持って、主治医にご相談ください。軽症の人なら薬いらなくなってしまうかも?

血圧に関して。薬物治療中の高血圧患者の収縮期血圧を26mmHg下げました。降圧薬服用中の方は薬の減量・中止が必要になるかも知れませんので、この論文持って、主治医にご相談ください。そろそろ血圧の薬飲むように言われた人は、薬の前に、まずは低酸素トレーニングです。

コレステロールに関して。総コレステロールとLDLコレステロールは低下しました。副作用のあるコレステロール低下薬飲むより低酸素トレーニングです。コレステロール低下薬は不眠になりますが、低酸素トレーニングは眠くなります。検査でコレステロール高かった方、まずは低酸素トレーニングでしょう。

というわけで、SAMの個室低酸素トレーニングは、生活習慣病の予防・改善に活用していただければと思います。サウナも併用すればさらに効果が上げられます。

関連記事一覧

PAGE TOP