マインドフルネス瞑想は睡眠障害に効く

年齢とともに眠りは浅くなり、睡眠障害に悩む人が増えてきます。

最も簡単な方法は、病院に行って「眠れません」と言って睡眠薬を出してもらう。

ぐっすり眠れるようになりますが、朝になっても睡眠薬の効果が残り(残眠)ふらつき、転倒→骨折→入院→手術→認知症発症

お決まりのパターン。

睡眠薬を使わず眠る方法もたくさんあります。その一つが瞑想です。瞑想の方法は

さて、瞑想が睡眠に及ぼす影響についての研究です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4407465/

瞑想によって、睡眠の質が良くなり、疲労感、うつ状態が改善しました。

ところで、瞑想以外でサウナも睡眠障害に効くことが知られています。

サウナがなぜ睡眠障害に効果があるのかは諸説ありますが、もしかしたら、マインドフルネスと関係があるのかも。サウナは最初は余裕ですが、だんだん暑くなってきて、最後は「暑い」ことしか考えられなくなります。つまり、今の状態にフォーカスし、雑念が消えるということ。そして、水風呂では「冷たい」ことだけで、休憩中もボーッとして余計なことは頭から消える気がします。

関連記事一覧

PAGE TOP