低酸素トレーニングで痩せる理由が分かりました。

https://www.nature.com/articles/s42255-018-0030-7

TGF-β2(トランスフォーミング成長因子ベーター2)とは運動時に脂肪組織から放出される分泌型タンパクです。これが血糖値のコントロールを改善し、脂肪燃焼を加速することがわかりました。さらに運動時に発生する乳酸はTGF-β2の分泌を促進することが分かりました。

ということは、低酸素トレーニングでは乳酸分泌が増えますから、通常酸素濃度下での運動よりTGF-β2の分泌も増え、より脂肪燃焼に及ぼす効果は大きいと考えられます。

高効率・時短の低酸素トレーニングでダイエットにイノベーションを!

SAMでは医師による健康相談を受け付けています。「病院で薬もらい続ければ何の問題もない」とは思えない方、血糖値が気になる方、健康に痩せたい方、なかなか痩せられない方は一度ご連絡ください。
TEL:011-215-0596 / E-mail:fitness@sam-mok.co.jp


関連記事一覧

PAGE TOP