低酸素の吸入は血圧を下げる

高血圧患者を対象として、酸素濃度10%の空気を3分間吸った後で21%酸素3分間吸うというサイクルを4ー10回繰り返し、これを20日間続けました。

結果として、血圧は下がり、この効果は3ヶ月続きました。

継続的に低酸素吸入を行えば、薬を使わない高血圧の治療ができそうです。

関連記事一覧

PAGE TOP