低酸素トレーニングは眠くなるので…

低酸素トレーニングの効果について。

前回お話しした通り、低酸素トレーニングは疑似高地トレーニングということで、かなり期待される方がいらっしゃるのですが(過大な宣伝をしている低酸素トレーニングジムもあります)、高地トレーニングと違い、常に低酸素環境にいるわけではないので、短期でそれほど大きな効果は出ません。もちろん効果がないわけではないので継続は重要です。

一方短期的な効果として私が最も感じたのは

睡眠が深くなる

です。動物実験ではありますが、学術論文で「睡眠誘発ホルモン」であるメラトニンの量が増えることが報告されています。

もちろんそうなると

疲労回復

がついてきます。当然、休養がしっかり取れれば、スポーツや仕事、家事のパフォーマンスは上がります。

今回のSAM移転に際し、「鍛えるばかりでは効果が上がらない」という反省に立ち、「スポーツジムによる疲労回復」という、一見、真逆にも思える方向性を何とか両立できないかと考えました。

なので、「設置に莫大な経費がかかり、費用を回収するために利用料が高額にならざるを得ない」低酸素トレーニングを一度は諦めかけましたが、やはり「疲労回復」のために、サウナと共に設置することにしました。

そして、利用頻度をできるだけ増やしていただくために、当面、追加の低酸素室利用料はなくする方向で検討しています。(ただし、二室しかないため、混雑で予約が取れないなどの状況になった場合は利用料を頂く可能性があります。)

関連記事一覧

PAGE TOP