なぜフォアフットランニングが選ばれないのか?

フォアフットランニングってなんだか極端な感じだから、ミッドフット(フラット走法)がなんとなくちょうどいい?という印象を持たれる方も多いと思います。

ミッドフットではダメ(フォアフットに比べて)な理由は足首の解剖学的構造にあります。

もし下腿の骨(脛骨)がアーチのど真ん中についていたら、ミッドフットもありです。というかその場合ミッドフットの方が理想的です。

実際は脛骨はアーチの頂点よりかなり後ろで、かかとよりについています。となると、アーチの両端が接地した状態(ミッドフットで着地した状態)で端にある脛骨を上から押してもアーチはほとんどたわまず、衝撃を吸収しません。

そうなると、フォアフットでアーチの前を先に接地し、その段階から衝撃吸収を行うのが最も有効というわけです。



フォアフットで行きましょう!

関連記事一覧

PAGE TOP